地域リ-ダ-養成講座 第1講の開催

2016年9月23日、地域リ-ダ-養成講座第1講が開催されました。
この講座の目的は、「共創のまち・肝付」を構築するにあたり、それに関与してもらう人材を育成していくことです。
講座では、地域の困りごとの原因やストーリーを明確にし、そのことをアピールしていく能力を習得し、そのプロセスを通して1つのコミュニティを形成していきます。
第1回目の講座内容は、次のとおりでした。
【関わり方を学ぶファシリテーション講座】
  1. オリエンテーション
    • 講座全体の目的
      • 肝付の未来を描き、実行するコミュニティを作る。
      • 地域の課題を深く広く把握する。
      • 課題解決への道筋を描き広く伝える。
    • 第1回の目的
        • 自分自身の目標を定める。
        • 一人一人と深く知り合う。
        • ファシリテ-ションを学び、場の価値を高める技法を知る。

      講座の様子

  2. ファシリテーション基礎
    • ファシリテーションとは?
      • 場の価値を最大化すること。
      • ひとりひとりが気持ちよく参加できる場において、設定された目的が達成に向けて動き出すこと。
  3. ファシリテーション技法
    • 場の全体を設計する
      • ひとりひとりのニーズを捉えた発言や問いかけが必要である。
      • 観察(行動)⇒気持ち(感情)⇒ニーズ(必要としているもの)
    • 場を運営する(問いの探求)
      • 参加者と場の目的を共有する。
      • 参加に対する準備を整える。
      • 全体で共有する約束事を決める。
      • 大いに語る。
      • 次にやるべきことを確認する。
      • 1人1人から場に対する感想をつのる。
      • 終了し、議事録を共有する。
  4. ・ファシリテーションテクニック
    • 紙に書き、場で共有する。
    • 拡散して収束させる
      • 1人・2人・4人と考えるグループを増やしていく。
    • ブレインストーミング
      • 質より量・便乗歓迎・否定しない・この場限りでOK
    • KJ法
      • 近いアイデア同士をまとめていく。
    • 休みを取る。
    • 問いの設定についての実践
        • 「皆さんの扱う場の中で、目的の設定を見直したいものを1つ選んでください」
        • 今、どんな目的?⇒どんな目的にしたらより良い場になりそう?
        • まずは自分自身で「問い」について考え、書き留める。
        • 次に、グループ内で話す。(他者の話を聞くこと、他者に話をきいてもらうこと、で気付きがある)

      img_5728 img_5737

第1講のポイント

  • 問い、目的を常に意識
  • 紙に書く
  • 準備を怠らない
【写真資料】

第1講 資料1   第1講 資料2

第1講 資料3